小児歯科、子供の歯の治療について
ホーム 小児歯科 プロフィール 医院案内 リンク集 お問い合わせ
初めて永久歯の生える6歳


6歳臼歯
6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきます。この歯の名前は第一大臼歯で、一番大きく噛む力が最も強い大切な歯です。また6歳頃に生えるので「6歳臼歯」とも呼ばれています。

6歳臼歯は、虫歯になりやすい
6歳臼歯は、最も大切な歯なのに、虫歯になりやすい歯です。それは、次のような理由があるからです。

 ・奥に生えてくるので、最初は気がつきにくい。
 ・歯の噛み合わせの面の溝が深く、カスがたまりやすい。
 ・奥に生えるので歯磨きがしにくい。
 ・生えたての歯は、歯質が未熟なため虫歯になりやすい。


6歳臼歯の虫歯予防
6歳臼歯の虫歯予防には、本人、お母さん、歯科医の協力が必要です。

念入りに磨く
小さめの歯ブラシを横から入れて一本磨きで、噛み合わせの面を特にていねいに磨きます。またお母さんも、仕上げ磨きをしっかり手伝って下さい。

歯科医に予防してもらう
まず生え方に合わせてフッ素を塗ってもらいます。また必要があれば、フッ素入りのセメントを溝にすり込み、汚れるのを防ぎます。完全に生えたあと、セメントをはずし、樹脂をつめるシーラントをしてもらいます。


こんなときは歯科医に相談を

 ・6歳臼歯がなかなか生えない
 ・6歳臼歯が痛い
 ・前歯がななめに生えたり、噛み合わせがおかしい
 ・永久歯の形や色がおかしい


小児歯科目次に戻る   前へ  次へ

HOME|小児歯科|プロフィール医院案内リンク集お問い合わせサイトマップ


Copyright(c) 小児歯科、子供の歯の治療について by Fumiaki Nakano. All Rights Reserved.