小児歯科、子供の歯の治療について
ホーム 小児歯科 プロフィール 医院案内 リンク集 お問い合わせ
乳歯が生えはじめたら


生後6ヶ月のころ
生後6ヶ月を過ぎると、乳歯が生えはじめます。この時から、歯磨きが必要になります。

歯磨きをはじめるとき
最初は前歯しか生えていないのでガーゼ等でふく程度でも大丈夫ですが、授乳をしたまま寝かせない事がポイントです。自分である程度歯磨きができるようになっても、8〜9歳位までは上手に磨けないので、汚れをきれいに落とす為の 「仕上げ磨き」 が必要です。

上手な仕上げ磨き
お子さんをあお向けに寝かせ、頭をひざにのせます。上下のくちびるを開き、よく歯が見えるようにします。楽しく、やさしく、磨きます。特に、歯と歯茎の境目、歯と歯の間、歯のかみ合う溝のなかに、汚れがたまりやすくなっています。歯ブラシは、ヘッドが小さく、毛先が短めのものを選びます。磨く順番を決め、磨き残しのないようにします。

フッ素はいつ頃塗るのでしょうか。
フッ素は、歯の表面のエナメル質を強くし、虫歯になりにくくします。歯が生えてきた時から塗りはじめてよいのですが、年齢に応じた利用法があります。担当の歯科医師とよく相談して下さい。


1歳6ヶ月から3歳まで
1歳6ヶ月になると、上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。また保健所での1歳6ヶ月健診があります。このとき、心身の発達をチェックしますが、歯についても、生えている歯の数と種類、虫歯や汚れの状態、噛み合わせの状態などをチェックします。 この時点で虫歯を持っているお子さんは少ないのですが、3歳児になると虫歯がとても増えています。このあいだに、特に気をつけてほしいのは、次のような点です。

食生活の注意
甘いお菓子やジュース、清涼飲料水などを、ダラダラととらないようにしましょう。

哺乳瓶
もう哺乳瓶は、卒業させて下さい。

歯科医院で健診と相談を
虫歯がないうちに、歯科医に健診を受けましょう。虫歯になってから歯科医院に行くよりも、一本も虫歯がないときから相談し、食生活の改善や歯磨きの指導を受けてください。 そのほかにも、心配なことがあれば、いろいろな相談にのってくれます。


3歳のころ
3歳になると、3歳児健診があります。歯の健診も、歯科医が20本の乳歯が生えそろい、噛み合わせがきちんとできているか、また虫歯になりやすいのか、などをチェックします。3歳児の虫歯の状況をみると、これから先の歯の状況を予測することができます。そうした意味でも、改めて歯の健康や育児の方法を見直すよい機会になります。

歯と育児を見直す
 ・食事の内容と取り方は適切か
 ・歯の磨き方は正しいか
 ・おやつや飲み物の選び方、与え方は適切か
 ・規則正しい生活習慣が身についているか
 ・親と子の関係はうまくいっているか

ホームドクターをつくる
信頼できるかかりつけの歯科医師をもち、定期的に検診を受ける事で、適切な指導を受けたり、わからないことを気軽に相談できます。

小児歯科目次に戻る   前へ  次へ

HOME|小児歯科|プロフィール医院案内リンク集お問い合わせサイトマップ


Copyright(c) 小児歯科、子供の歯の治療について by Fumiaki Nakano. All Rights Reserved.