小児歯科、子供の歯の治療について
ホーム 小児歯科 プロフィール 医院案内 リンク集 お問い合わせ
小児歯科について


長寿社会となった今、長い人生を健康で豊かに過ごす為には、歯が健全である事が重要な条件の一つになっています。

実は、健全な歯を育てる為のお母さんの役割りは、乳歯が生える以前からすでに始まっています。胎生7週めくらいから、乳歯はもうできはじめているからです。そして乳歯が顔をのぞかせるころには、もう永久歯が育ち始めています。妊娠から永久歯が生えそろう12〜15歳くらいまでは、特に大切な時期です。このとき、お母さんがどのように歯を守り育てるかが、お子さんの将来の生活に大きな影響を与えます。

輝く白い歯は、大切なお子さんの財産です。お子さんが自分の力で、自分の歯を守れるようになるまで、この財産を大切に守り育てていく事は、お母さんの重要な仕事です。

小児歯科では、お子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を、歯科医の立場から支援していきます。虫歯が1本もない時から受診をはじめ、「お母さんといっしょになって、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えております。


小児歯科目次に戻る  次へ

HOME|小児歯科|プロフィール医院案内リンク集お問い合わせサイトマップ


Copyright(c) 小児歯科、子供の歯の治療について by Fumiaki Nakano. All Rights Reserved.